小物でおしゃれに差をつける、ココマイスターの小銭入れをセレクト

小銭いれ

支払い時のスマートさは、ビジネスでもプライベートでもマストですよね。

そこでココマイスターのブライドルグランドコインパースと、コードバン馬蹄小銭入れをご紹介します。

ブライドルグランドコインパース

言わずと知れた、ココマイスターのブライドルレザーシリーズ。

1000年もの間受け継がれた伝統製法と、日本の職人の技術が凝縮した芸術品と言えます。

その抜群の耐久性は、革に丹念にロウを塗り込み、繊維を引き締める過程により生まれます。
これをバケット製法といい、イギリスで1000年以上前から続いている伝統的な製法です。

また、ココマイスターのブライドルレザーを縫製するのには、日本の熟練された職人の技術が不可欠です。

牛革の中でも最も硬いショルダー部分を使用していますので、扱うのが非常に難しいと言われています。

品質の良さだけではなく、実用的なのもブライドルグランドコインパースの魅力です。

内側は3つにスペースが分かれていて、両サイドはカードやお札を入れられます。
ちょっとしたお買い物にはコレひとつで十分です。

カラーバリエーションも豊富に揃っていますので、貴方にピッタリの色合いを見つけてみてください。

コードバン馬蹄小銭入れ

フランスで幸運のシンボルと言われている馬蹄型。
シンプルな形だからこそ、素材の良さが際立ちますね。

革製品上級者の方にもご満足していただけるのが、ココマイスターの馬蹄小銭入れです。

「キングオブレザー」
「革のダイヤモンド」
と表現されるコードバン。

1頭の馬から取れる採取量がごくわずかで、牛革とは比べものにならないほど大変希少性があります。

なかなか手に入りにくい素材ですので、お早めに検討されることをオススメします。

そのコードバンに、より手間をかけて作り上げているのが、ココマイスターのコードバンシリーズです。

スプレーによりロウを吹き付ける製法で、独特の光沢感と重厚感を表現しています。

また、コードバンはその美しさだけではなく、耐久性にも優れています。

牛革の2倍〜3倍程はあると言われていて、シミ、汚れ、キズにも強いため、毎日使う小銭入れとして大変頼もしいですね。

最後に

小物で差をつけるなら、革を知り尽くしたココマイスターの製品を是非手にしてみてください。

永く付き合える良質なアイテムの虜になること間違いなしです。

おすすめの記事