芸能人も愛用!熟練職人がつくるココマイスターの財布

日本の熟練職人が欧州希少皮を使い手作業で作るココマイスターの財布。価格も比較的安価で、欧州が誇る最高傑作の天然皮革を使用しているのでとても丈夫で長年使い続けていくごとに深い味わいも出てくる。そんなココマイスターの財布は芸能界でも有名なのか?使っている芸能人や有名人はいるのか?

芸能界でも知られはじめたココマイスター

ココマイスターは、雑誌の「LEON」などにも取り上げられていますがが、まだそこまで大々的には知られてはいません。
今後、雑誌に取り上げられていく中で、著名人や有名人などがモデルなどのオファーを受け起用されたり、愛用者として名を連ねれば、「○○さんが愛用!」という形で一気に知れ渡り、人気沸騰になる可能性があります。
しかし、総勢100名ほどの日本の熟練職人が手作りしているココマイスター。「○○さんが愛用!」となれば、注文も大幅に増えて生産が追いつかなくなる恐れもありますね。

現在、ココマイスターを愛用している芸能人は?

ネット上でココマイスターの財布を愛用している芸能人を色々検索し調べたところ、現在の愛用者として1名、名があがっています。
8.6秒バズーカーの田中さん。


ダウンタウンDXという番組で愛用しているココマイスターの財布を紹介していたようです。ちなみに、田中さんの愛用しているココマイスターの長財布は、ラウンドファスナータイプのブラウンのようで6万円です。

6万円の財布はココマイスターでは、63,000円で販売されている、クリスペルカーフ・カシウスウォレットが価格的に一番近いのと、本人が持っている映像を見る限り恐らく間違いないと思います

クリスペルカーフ・カシウスウォレットの詳細はこちら

他の芸能人のかたで最も多かったブランドは、クロムハーツやプラダといったブランドで、ココマイスターはまだ使用されていないのが現状。今後、モデルなどのオファーがあった場合は、愛用という形で、ネット上にもあがってくる事でしょう。

芸能人が持っている物はみんなが欲しがる

芸能人や有名人が使っている物や持っている物は、ネットですぐ検索されて、あっという間に人気となり、品薄状態になります。
ドラマの中で使われていたサングラスや、TV出演時のメガネやアクセサリーなど、視聴者やファンのかたはよく細かいところまで見ているもの。ココマイスターも今は雑誌に掲載されているとネット上ではあがっていますが、連続ドラマなどの中で、主役のかたが使っていたり、そのかたがとても人気なかたであればあるほど、ココマイスターの需要が急上昇すると思われます。

ココマイスターの魅力は、熟練職人による手作業で心を込めて作られている事、そして最高傑作である天然皮革製、その使い心地は優しく手に馴染み、使い続けるごとに味わい深さを増していく。更に、ココマイスターでは会員登録があり、会員になれば修理も受ける事ができます。具合によって無償か有償かになりますが、永年サポートなのでそういう気遣いも嬉しいですね。二つ折り財布と長財布は2万円代から、小銭入れは1万円代からというリーズナブルな価格設定。とても1つ1つ手作りしている価格とは思えないほどです。そして、皮の種類によっても異なり、シリーズとして9展開というバリエーションも豊富。その他カバンや名刺入れなどもあり、プレゼントとしても喜ばれる商品がたくさんあります。

男性への贈り物など迷った時には1度探してみてはいかがでしょうか?

 

男も女も惚れる、職人がつくる良質の革財布「ココマイスター」

saifu

財布をかえたいと思うときに、何かしら理由がありますよね?

古くなったから学生時代のカジュアルな感じから抜け出したいからもっとカッコいい財布にしたいから次こそ使い続けられる財布を持ちたいから

このすべてをかなえるのが多くの男女から愛される財布を中心としたブランドのがCOCO MEISTER(ココマイスター)です。

世界でも希少な革を使い、日本の伝統職人がつくりあげる革小物専門ブランドです

カラーバリエーションやシリーズラインナップも豊富

財布のバリエーションが多く、ホームページをみるだけでは、迷ってしまい、選べないほどです。

長財布、ファスナー開閉タイプ、色は黒、革はこんな感じと、自分の中でイメージが描けていれば、すぐに探せるし、理想通りの財布がホームページでも探せます。

ココマイスターは全国に直営ショップが6店舗

実際に触った感触で決めたいと思われる方は店舗で、実物をみて触って選ぶことができます。

東京に3店、名古屋、大阪、神戸に各1店の店舗があります。

実際に店舗へ行きましたところ、各種類かみれるように商品がありました。

それをお客さんが手にとって、じっくり吟味している様子が見受けられました。

実際手に取ると、革の質感のよさに、ほれぼれしました。

茶系カラーは使うたびに、色が変化していき、自分色になるそうです。

たくさんの方々が商品に手を伸ばす光景はなかなかないお店と思いました。

その場に在庫がない商品も多く、職人さんがこれから作るものを待つ商品も多くあります。

職人さんがつくる状況に思いを馳せて、自分だけの商品を待つ、そのことを楽しめる方にはおすすめです。

財布選びに迷われてる方、1度、ホームページをみたり、店舗へいかれてはいかがでしょうか?
素敵な一品がきっとみつかります。